脱力系備忘録BloG ホーム

トマトの第一花房が無事結実しました  

トマトは第一花房を確実に着果させることが大事といいます。
ここで実がならないと、その後、もともと樹勢の強い植物なので栄養生長といって体を大きくすることに集中し、実をつけることを忘れるそうです。なので、この第一花房の受粉は毎年念入りにやってます。
以前はホルモン剤のトマトトーンを使ったこともありますが、トマトの花は振動で受粉するので、指で花をちょんちょんと揺らして受粉をお手伝い。
毎朝欠かさずやった甲斐あってか、無事全ての木に実が付きました。

tomato-20190619_01.jpg
これは桃太郎ゴールド

tomato-20190619_02.jpg
こちらは桃太郎。ちょっと成長が遅い。

トマトを点検しているとちょくちょくアブラムシがくっついています。
tomato-20190619_03.jpg
増える前に圧殺します。

そういえば、生き物を殺すのがイヤということで野菜しか食べないという考えもあるようですが・・・、野菜を育てる過程で、実は多くの命を奪っているんだよなあ。
だからこそ、食べ物は残さずありがたくいただきたいと思います。

category: トマト

tag: トマト栽培  桃太郎  トマト 
コメント: (0)   トラックバック: --

テーブルメロン「ころたん」成長記  

ころたんが網を昇りはじめました。
melon-20190612_01.jpg

ウリハムシの被害も今のところ軽微です。
melon-20190612_02.jpg

この綺麗な葉を守りたい。
melon-20190612_03.jpg

ということで、銀テープを設置しました。
melon-20190612_04.jpg
アブラムシが反射光を嫌うというのは知ってましたが、ウリハムシもギラギラした光を嫌うらしいです。

category: メロン

tag: テーブルメロン  ころたん  メロン栽培 
コメント: (0)   トラックバック: --

ブルーベリーの対空防御システムを今年も稼動させる  

鳥たちに絶大な人気を誇るブルーベリー。
ノーガード戦法では確実に瞬殺されますので、防鳥網で防御します。
blueberry-20190612_01.jpg
昨年、どこかのわんちゃんに網をぶち破られましたが、月明かりのした、せっせと夜なべして網を補修しました。

ブルーベリー・ブリジッタ。たわわに実をつけてくれています。
blueberry-20190612_02.jpg

なお、1枚目の写真の奥の鉢はスパルタンです。
完全に枯れました。

category: ブルーベリー

tag: ブルーベリー  ブリジッタ 
コメント: (0)   トラックバック: --

温州みかんに追肥  

前回の施肥から3ヶ月ほど経ちました。肥効もなくなっていると思いますので追肥です。
10-10-10緩効性化成肥料を50gとマグ双焼燐35号を軽く一握り程度、パラパラと施しました。
mikan-20190612_01.jpg

今年は隔年開花の表年なので大量に花が咲きました。
ただ、みかんは結実性が悪いのか、花の数の割には残る実の数が少ないです。
小さな木に大量に花が咲くのでちょっと心配になりますが、ほとんどが自然落花しますので摘花する必要はないと思ってます。

残る実が少ないと書きましたが、大量に花が咲いたのでそれなりに小さな実がたくさん付いています。
mikan-20190612_02.jpg
この子達を7月中旬ごろに荒摘果します。

category: 温州ミカン

tag: 温州みかん  ミカン栽培 
コメント: (0)   トラックバック: --

プルーンの追肥  

前回の施肥から3ヶ月。肥効も切れているだろうから追肥です。
10-10-10緩効性化成肥料を50g施しました。
prune-20190612_01.jpg
今年もまた根元から枝が伸びてるなあ。
プルーンってこういうものなのかな?剪定が良くわからない。

category: プルーン

tag: プルーン 
コメント: (0)   トラックバック: --

グリーンカーテン「ころたん」始動  

今まで防虫網で保護しておりましたテーブルメロン「ころたん」をついに野に放つことにしました。
melon-20190605_01.jpg
野菜ネットいっぱいにツルを伸ばしてグリーンカーテンになると共に、たくさんメロンを実らせてくれることに期待したい。

さて、ついでに子蔓の整枝をしました。矢印の孫蔓を摘み取る作業です。
melon-20190605_02.jpg

それにしても、防虫網で守っていたのでとても美しい葉っぱです。
melon-20190605_03.jpg
この葉っぱがあのにっくきウリハムシによってボロボロにされると思うと、ずっと防虫網に入れておきたい気になるのですが、残念ながらそうもいきません。
見つけ次第圧殺して対応するしかないのですなあ。

ところで、右と左の葉っぱの大きさの違いわかりますか?
melon-20190605_04.jpg
左の方が大きいです。
じつは、この左の鉢は前回の作業で子蔓を1本折ってしまった鉢です。
そう、右の鉢は子蔓が2本。左の鉢は子蔓が1本なのです。

1週間でこんなに明確に差が出るんですね。

うーん。このまま1本で育てるか・・・伸び始めたわき芽を2本目として育てるか・・・。欲深い私は悩みます。

category: メロン

tag: メロン  テーブルメロン  ころたん 
コメント: (0)   トラックバック: --

調味料サフランが完成しました  

せっせと摘み取ったサフランの雌しべを乾燥貯蔵しまして、調味料サフランが完成しました。
saffron-20190605_01.jpg

すごくいい香りです。

さっそくパエリアを作りました。(あーその写真撮ってない)

category: サフラン

tag: サフラン  パエリア 
コメント: (0)   トラックバック: --

jQueryのfadeInでDisplay inline-block を指定したい  

$("div").fadeIn().css("display","inline-block");
こうやればOK。

$("div").fadeIn()
これだけだと display: block; になっちゃうので困ることがある。

JavaScript、なんか苦手。
そろそろ CSS と統合してシンプルに扱えるようになって欲しい。

category: プログラミング

tag: javascript  jquery  fadeIn 
コメント: (0)   トラックバック: --

トマトを植え付けました  

先週用意した畝にトマト苗を定植しました。
tomato-20190529_01.jpg
奥から4本は普通の桃太郎68円ものです。
手前の一本は
tomato-20190529_02.jpg
「桃太郎ゴールド」とかいう初めてのトマトです。198円でした。接木じゃないです。

さて、トマトの定植は第一花房の花が開いてからの方がいいといわれています。
理由は花芽ができてないときに植えると、栄養成長に偏って花がつきにくくなると言われているからなのですが、それだけでなく、トマトの花は成長に伴って段々に付くのですが、全て同じ方向に花房ができるという特徴があります。
tomato-20190529_03.jpg
このように花を支柱と反対方向に向けて植えると、全ての花房が支柱の反対方向にできるので管理がしやすくなります。
そのためにも、花ができて開いたタイミングで植えたほうが植える向きがわかりやすいというわけです。

category: トマト

tag: 桃太郎  トマト 
コメント: (0)   トラックバック: --

サフランの球根の堀上作業  

サフランの葉がすっかり枯れました。
saffron-20190529_01.jpg

新芽が芽吹く季節に葉を枯らすとは、なんとも不思議な気もします。

ま、そんな毎年なことは気にせず球根を掘り出します。


-- 続きを読む --

category: サフラン

tag: サフラン 
コメント: (0)   トラックバック: --
体重と体型が思い通りになる魔法の食事&トレーニング ~ついったーでもいっしょにとれーにんぐ
魔法の食事&トレーニング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

▲ Pagetop