脱力系備忘録BloG ホーム  »  記事 » 【フォアグラウンド】コマンドラインで実行したジョブの切り替え【バックグラウンド】

【フォアグラウンド】コマンドラインで実行したジョブの切り替え【バックグラウンド】  

コマンドラインで処理を実行したけど思いのほか長い。
そんなとき、サスペンド状態にしてコマンドコントロール権を切り替える備忘録。

CTRL」キー + 「Z」キー

これでサスペンドモードになります。

# jobs
でジョブの一覧が見られます。

(例)
#jobs
[1] + Suspended    bugdarake.php

●バックグラウンドで実行させる場合
# bg 1
で処理がバックグラウンドで実行され、キー操作が可能になります。
bg 数字 は「jobs」で表示した一覧の先頭の [数字] に対応します。
なお、「+」が付いているジョブの場合は数字をつけなくてもいいです。
上記の例では、
# bg 1
# bg
は同じ意味です。

●フォアグラウンドで実行させる場合
# fg 1
で処理がフォアグラウンドで実行され、キー操作を受け付けなくなります。
基本的なことは「bg」コマンドと同じです。

jobs」コマンドで見たときに「Running」となっているバックグラウンドプロセスをフォアグラウンドにしたい場合は、上記サスペンド切り替えでは操作できません。
# fg %数字
とします。
数字の前に「%」を付けるのが味噌です。
具体的には

# jobs
[1] Running    bousoutyu.pl
# fg %1

です。

なお、即刻コロス場合は
# kill %1
デス。
ゲオモバイル ネットで買取
サーバーの最新記事

category: サーバー

tag: サスペンド  Jobs  コマンド  UNIX  FreeBSD 
コメント: (0)   トラックバック: --

この記事へのコメント

コメントの投稿



※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

体重と体型が思い通りになる魔法の食事&トレーニング ~ついったーでもいっしょにとれーにんぐ
魔法の食事&トレーニング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

▲ Pagetop